注文住宅だからできた

前に住んでいたマイホームは、とてもジメジメした感じでした。マイホームに帰ると、そのことに気づくのでちょっとなんとかしたいと思っていたのです。マイホームに加湿器が必要という人がいますが、私の家の場合はそんなことは考えられませんでした。

そのため、よく窓を開けて換気をしていたのです。窓は家にたくさんあったので、換気をすることができるのですが、その方向がまちまちできちんとできているのか不安になることもあったのです。そのため、もっと空気の流れを良くした家にしたいと思っていたんですね。

そんな時、新築の注文住宅でそのことを叶えることができました。それは窓を多くすることと、なんとドアの数を多くすることです。リビングから洗面所にいく、洗面所から廊下に出る、勝手口から外に出るドア等、新築の注文住宅ではたくさん付けることができたのです。

そのため、家の中に空気がこもることがありません。空気の流れがいい新築の注文住宅は気持ちがいいです。