現実のマイホームは新築で作られた注文住宅の家

夢のマイホームであったわたしの家は、8年前に新築の注文住宅で購入しました。マイホームを手に入れる前は、漠然として考えがまとまりませんでした。ただ、新築のマイホームがほしいということだけでした。しかし、実際に新築の注文住宅の購入が決まってからは、決めることが多すぎてびっくりしました。間取りから始まり、カーテンの色や、トイレは1つなのか2つなのか、玄関のドアはどれにするのか、エアコンは1台は無料でつけてくれるということだったのですが、他の部屋は取り付けるのかとか結構大変でした。そして、注文住宅を建てている最中は、大工さんにお茶出しをしたりもしました。あと、家を購入するにあたって家以外にもお金がかかります。外構は、けっこう予想外なものでした。注文住宅以外に外構の費用が200万も上乗せされたのです。新築一戸建てを購入される方は、外構の費用も含めて住宅ローンを考えた方がよいです。住宅ローン地獄にならないように無理のない返済にしましょう。