食器が見えない収納の家

生活感を感じるマイホームというのは、住んでいる人たちはいいのですがお客さんが来た時にちょっと恥ずかしいと思うことがありますね。その恥ずかしいと思う場所として、マイホームのキッチンがありました。マイホームのキッチンは、食器が丸見えなので、ごちゃごちゃになっているところを見られてしまうところがあったのです。

そのため、食器が見えない収納の家にしたかったのです。普段に時間の余裕があると、それも家のインテリアとして使うことが出来るでしょう。ところが私の場合は、ほとんど片付けることができないので、家で見える収納にはしたくありませんでした。

そこで、新築の注文住宅を作る時にそのことについて見えない収納棚を作ることを依頼しました。するとさすがに注文住宅らしく、本当に見えずにスッキリした収納棚を作ってもらうことができました。新築の時にそれを作ると、とてもいいですね。注文住宅を作った後から、付け加えるのは大変だからです。思いが詰まった新築になり満足しています。