オール電化の話

ローン返済中に自宅売却できるかとえいば、答えは「はい」です。そして、5,000万円で買ってローン残高まだ3,000万円あるとして、この時は家を売却するには残り3,000万円を一括返済して銀行が設定してる抵抗権抹消することになります。そしてこの3,000万円は現金で別途準備する必要なくて、家売ったお金を充当すればいいです。そして、オール電化住宅は暖房など熱源を必要とする家庭内の機器をすべて電気で賄ったります。室内でガスなどを使わなくて、安全でクリーンな点がメリットです。室内の二酸化炭素濃度が高まってしまうこともなくて、火災のリスク低くて、火災保険割安になったり住宅ローン金利優遇受けられたりすることもあります。キッチンレイアウトに制約すくなくて間取り自由度が高まるといったメリットがあります。そして大規模災害には、ガスに比べ電力のほうが早く復旧できたりします。また、オール電化住宅はガス給油機みたいに瞬時にお湯作れなくて、一定量の熱湯をため、それを適温に薄めつかったりします。最近ヒートポンプ式給油システムのエコキュートが多く使われていて、深夜電力でお湯沸かすことが前提になっています。そのため時間帯別伝統契約など深夜に安く、昼に高いオール電化用の電気契約が採用されます。そして昼間あまり電力消費しない家庭は光熱費大きく削減できるメリットがあります。ですが、昼の電力消費量大くなり、お湯を多量に使って湯切れおこして昼間の割高な電力でお湯沸かさなくてはならなければ、逆に光熱費が高くなったりします。そして、オール電化住宅は最低限IHクッキングヒーターなどを設置して、これら導入コストはガスコンロなど設置より高く貯湯タンクの設置スペースも大きなものとなります。そしてすべてを電気に頼って停電の時なにもできないことになりかねません。また、IHクッキングヒーターは表面フラットで調理後清掃しやすいメリットがありますが、対応する調理器具はホーローなどに限られます。またオール電化として建てた住宅をのちにガス併用するウイズガス住宅へリフォームは難しくオール電化マンションはガスへの変更不可能になります。日中家にいること多くて、夏季の昼間に冷暖房フル稼働するような生活スタイルならオール電化選ぶべきではありません。